冠婚葬祭にかける費用は無駄なのか

冠婚葬祭 無駄

冠婚葬祭 無駄について

冠婚葬祭にかける費用は無駄なのか

冠婚葬祭にかける費用は、日本では年々減少傾向にあるといえるでしょう。バブルのころ、結婚式と言えば年々豪華になってゆき、演出方法もあらゆる方法が考え出されました。花嫁のお色直しの回数はどんどん増え、ウェディングドレスの袖はそれに比例するかのように大きく膨らんでいきました。スモークを焚いた中、ゴンドラに乗って登場する新郎新婦がいたことも、今では懐かしい昔の話です。今はどうでしょうか。レストランで簡単な食事会をするだけで済ませるカップルも多いです。式にお金を使わなかった分、新生活の道具を買い揃えたり、新婚旅行を豪華にするなど、今のカップルは非常に現実的です。見栄に費やせる余裕を持てない人が増えてきているのか、それとも実質に重きを置く人が増えてきているからか…いずれにしろ、どこまでを無駄とするかは、その時代の雰囲気によります。どうしても景気に左右されるからです。無駄を嫌う今現在は、やはり景気が良いとは言えないかもしれませんが、景気は上がったり下がったりするものです。これから再び、昔以上の豪華で派手な結婚式が流行する時代がやってきても不思議ではありません。